スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンド・オブ・サンダー

103.jpg

エドワード・バーンズ 、キャサリン・マコーマック 、ベン・キングズレー  他

今年初のSFパニックムービー。
大好きジャンルなので楽しみにしてましたー。

タイムマシンが発明され時間旅行が出来るようになった未来。
でも勝手にいろんな時代に行くわけではなく、白亜紀のある場所に数分だけ行って帰ってくる。

死ぬ予定になっていた恐竜をハンターして楽しむと言う遊園地のアトラクションのような時間旅行。
でも未来を変えないために絶対に守らなければならない三つの原則があります。

「過去を変えない・何も残さない・何も持ち帰らない」

でも一人が"あるモノ"を持ち帰った為にあっという間に人類滅亡の危機に陥ります・・・

えっとぉ…

かなりのチープな出来にがっかり。。。
特に未来の町並みがXです。CGがとにかく安っぽい。
これなら日本映画とあまり変わりないような。(^_^;)

ラストもちょっと納得がいかなかった。
「ドラえもん」のタイムトリップモノの方がよっぽど納得がいく・・・

・・・のは私だけかな???(~o~)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。